初めてレンタル倉庫を借りる時のながれ

レンタル倉庫

はじめて「レンタルコンテナ」、また「レンタル倉庫」を利用する人たちは、一体どのような手順を取ればいいのでしょうか。

家にはなかなか収納することができないものなど、レンタルコンテナを利用してそこに置くというスタイルが、現代社会に一番マッチしているスマートな方法ではないでしょうか。

コンテナを探すなら

レンタルコンテナの流れ

レンタルコンテナについてのニーズも非常に高くなっているので、私も……というモチベーションの方々も多いことでしょう。しかし、いざ利用しようと思うものの流れがわからないという方々が多くいます。

レンタルコンテナの中には、即日契約・即日利用可能というものから、審査をしなければ利用することができないケースもあります。

レンタルコンテナは、管理会社によって、利用の流れは任されているので、実際には蓋を開けてみなければわからないところはありますが、ある程度のところまでは同じと考えることができます。

まずは、あなたが利用したいと思っているレンタルコンテナを、Web、電話で問い合わせをして確認しましょう。

次の段階では、契約関連の書類を管理会社から受けとることになります。

レンタルコンテナの契約に必要なもの

レンタルコンテナの契約上で必要なものってなんなのでしょうか。個人の方々が、レンタルコンテナを利用したいというケースもあります。 そのようなときは、本人確認書類が必要です。名前の印鑑、勤務先の情報、金融機関に届けた印鑑、緊急時に連絡がある第二絡先も用意と言ったものが必要です。

法人がレンタルを利用するケースもあります。そのようなシーンでは、商業登記簿謄本と会社実印が必要です。また、金融機関に届けた印鑑も用意してください。

レンタルコンテナには審査があるかも

レンタルコンテナには審査があるかもしれません。審査と言えば、ハードルが高いと感じてしまうかもしれませんが。

私達は、そのような審査と向きあうにあたりどのような点に注意しなければならないのでしょうか。審査でチェックされるポイントは、 氏名・生年月日・住所・緊急連絡先・職業・勤務先です。

ですから、あなたが賃貸マンションなど契約するときと比較して、審査は実際にあるものの、それほどハードルは高くないと考えることができます。

日常生活を普通に送ることができている人たちなら、おおかたはレンタルコンテナの審査には通過することができます。